酵素について、改めて考える

ビューティー07酵素について考えてみると、昔からあるものだったのだということが良くわかります。食品関係に従事する人で、味噌やしょうゆなどの発酵食品を生産している人であれば、酵素という名前こそ知らなかったとしても、その効能自体は理解していたはずです。今でこそ酵素についていろんな意見が言われているところですが、昔からあるこうした味噌やしょうゆ、漬物類などは私たちの食卓に上っていました。もちろん今の食生活は昔とは随分と様変わりしてはいます。けれどもやはり、これらの食品が家にないという人はよほどのことがない限りないでしょう。大体公開されている情報というのも、酵素についてはやはり栄養成分の一つなので、化学式が云々、たんぱく質があれこれとどうしても難しい表現も多くなっています。私たちが酵素について知っておきたいこと、知っておけば良いということととしては、基本的に「体に良いもの」「体に必要なもの」というぐらいで良いのではないでしょうか。もちろんより深い知識があることで、酵素をもっとうまく活用できるとは思います。ただ、知っているだけではどうにも意味がないということも忘れてはいけません。いろんなメディアなどで酵素はいいものだ、体に必要だと言われているからこそ、シンプルに考えて利用するようにしたいものです。ただ闇雲にサプリメントを購入したりするよりは、長期的な視野で見て、自分の生活にうまく取り入れられるよう考えましょう。

Comments are closed.