お肌が喜ぶ保湿の基礎知識

Šî–{ RGBスキンケアの第一歩として、しっかりしたクレンジングと洗顔になります。その後、基礎化粧品による保湿や、お肌のきめを整えるためのケアへと進みます。ここで正しい保湿の基礎知識が必要になります。保湿は、特にお風呂上りが重要な時間になります。「お風呂上りはお肌がしっとりしているので、少し時間が経ってから基礎化粧品でのケアをすれば大丈夫」と思われがちですが、実はこれが落とし穴なのです。意外にも、お風呂上りというのは、一日の中でも最も乾燥しやすいと言っても良いものです。湯気などでお肌がしっとりしているように感じますが、脱衣所や洗面所は湯上りを快適に過ごすために換気扇が作動していることが多いものです。また、夏場などは更に扇風機や冷房、冬場も湯冷めを防ぐために暖房を使用することが多くなります。こうした中では、洗いざらしのお肌の水分が抜けやすくなり、乾燥の原因に繋がるのです。お風呂上りの乾燥を防ぐためにも、正しい保湿の基礎知識として、タオルドライから3分以内に化粧水をつけることが第一です。乾燥した状態に保湿するよりは、乾燥する前のひっとりとした状態のうちに水分を与えることが効果的です。その後、いつものように基礎化粧品でスキンケアを行うと、お肌への浸透具合がアップします。そのため、表面上だけの保湿になってしまうリスクを防ぎ、本当にお肌が喜ぶ保湿や栄養補給が行われるのです。こうした保湿の基礎知識は、今からでも遅くありません。お風呂上りの3分以内を勝負として、お肌が喜ぶ保湿を心がけてみましょう。

Comments are closed.